スガフェス!WEST

OPEN

REPORT

最速レポート更新中!

18:00

SKY-HI

即興とフリースタイルの強力ジャムセッション!

スガフェス!、いよいよ第二部が開演!ここからはノンストップで夢の共演が続くスペシャルタイムがスタートだ。

まずはハウスバンドをつとめるkōkuaが登場。スーツをまとったスガ シカオを中心に、武部聡志(Key)、小倉博和(G)、根岸孝旨(B)、屋敷豪太(Dr)の5人がステージに揃う。「メンバーはみんなレジェンドなミュージシャンばかりです」との言葉通り、凄腕揃いの強力な面々だ。

というわけで、まずは昨年にリリースされたkōkua初のオリジナルアルバム『Progress』から「夢のゴール」を披露。そして登場した一番手のゲストはSKY-HIだ。

「こいつの可能性は無限大だ!」と紹介されてステージに上がると、まずSKY-HIはゴージャスでグルーヴィーな自らの楽曲「Double Down」でラッパーとしてのスキルを見せる。続いては「この曲、マジで好きなんだよ! 大人も子供も今だけは19才に戻ろうぜ!」と「19才」をセッション。スガ シカオとSKY-HIが交互に歌のパートをわけあい、曲の途中には「今から俺とkōkuaでフリースタイルのジャムセッションやろうと思います!」と、即興演奏に乗せてラップを披露。5人の演奏が生み出す抜群のグルーヴの上で、自由自在なフリースタイルラップを見せる。ジャンルを超えた音楽の化学反応に、大きな歓声が上がる。

先日には武道館ワンマン2デイズを終えたばかりの彼。お互いにソールドアウトを讃えあい、最後にはディスコ・ナンバー「スマイルドロップ」を披露。左右に手を振るオーディエンスを巻き込んで、とてもチアフルな時間を作ってくれた。

(柴 那典)

セットリスト
1. Double Down
2. 19才
3. スマイルドロップ

pics by 半田安政

あなたのSNSページに使えるオリジナル画像を配布中!プロフィール画像やヘッダー画像に設定してください。

PAGE TOP